太陽光発電の照らし出す未来

今建設業界やエネルギー分野の業界で、一番活発な事業が太陽光発電を利用したエコエネルギーの事業です。太陽光と言えば大自然の供給するエネルギー源としては、最大限で無尽蔵なエネルギーの宝庫です。原理的には宇宙に太陽が存在し続ける限り太陽光発電の電力は無限に供給されるため、従来の石油や原子力などのエネルギー源を熱に変換して、その熱をさらに電力に変換するという過程を大幅に省略することができるため、大幅なコストダウンを可能にしています。また発電をするための設備も太陽光パネルのみにとどまるため、従来の大規模な発電施設よりもより大幅にコンパクト化された発電効率を可能としているため、省エネ省スペースを実現した夢のような発電システムになっています。このように多くのメリットが存在する太陽光を有効的に利用した発電システムですが、その性質上安全に利用できるとても信頼性のある発電システムであると言われています。太陽光を利用した発電システムは、古くからSFの世界では夢の発電システムとして多くのSF作品に登場するガジェットですが、そんな夢のようなクリーンエネルギーシステムがすでに多くの一般家庭や企業で有効的に利用され続けているのです。このように最早太陽光発電システムは夢のシステムではなく、現実のシステムとして現代社会で有効活用されているシステムです。太陽光を利用した発電システムを導入するメリットは環境にやさしいことや、省エネ省スペースであることのほかにも、売電システムや緊急時の電力源としての利便性も大きな特徴として多くの企業や一般家庭に注目され始めています。実際に様々な産業分野や各種企業の間で、太陽光を利用した発電システムを積極的に導入し始めている動きがあり、日本社会全体が太陽光を利用した発電システムの今後の発展に大いに期待を膨らませているのが現状です。太陽光を利用した発電システムが今後より一層普及すれば、環境にもやさしく安心して電力が使える未来になっていくでしょう。

太陽光発電が増えています

日本にとって電力というのは、かけがえのない存在で、一般の国民の普段の生活ばかりか、産業の分野でも、電力はとてもたくさん必要とします。特に、工業の分野では、日本が工業製品を輸出する加工貿易を、産業の中心に据えていますから、良質な電気がなければ、こうした工業が成り立たなくなるので、電気が持つ意味というのは、とても大きなものがあるのです。では、日本において電気はどのように発電されているのかについてですが、最も多いのが火力発電で、次に多いのが水力などの発電になりますが、これらはとても小さな発電量になります。以前は、火力の次に原子力発電が並んでいたのですが、原子力発電所の事故以来、現在はほとんど稼働していないのです。そこで、この原子力発電に代わる発電方法が必要になるわけですが、その役割を担う存在として、注目を集めてきたのが太陽光発電になります。太陽光発電は、以前から取り入れられてきましたが、政府の基本的な方針が、原子力発電の推進であったこともあって、それほど本格的に推進されてきませんでした。しかし、ここにきて政府は、電気の買い取り価格をこれまでよりも大きく上昇させて、この発電の推進を決めたのです。こうした動きによって、まず動いたのが企業でした。企業は、この買い取り価格を受けまして、企業の保有する空いた土地や、建物の屋上などのスペースに、積極的にソーラー発電機を設置するようになったのです。これは、これまでこうした発電機を設置しても、買い取り価格と投資金額を比較すると、それほど利益が確保できなかったという点と、電気料金が安かったので、企業も設置しなかったのですが、反対に電気料金が上がって、買い取り価格も上がったので、企業は積極的になってきたのです。また、国民それぞれも、震災で長期の停電を経験しまして、電気を自分で確保することの意味を強く感じるようになってきましたので、太陽光発電をする人が増加してきています。

太陽光発電で電気代の無駄が大幅に削減されました。

うちの家族は、私を除いて節電に無頓着で、悩んでいました。何度注意しても電気やテレビはつけっぱなしだし、使っていない家電製品のコンセントを抜くように何度言っても改善しませんでした。旦那さんにエアコンの温度を上げるようにお願いしても、暑がりなので、気がつくと23℃~24℃に下げられています。小学生の息子達は冷蔵庫をちゃんと閉めていない事が多く、怒っても、うっかり閉め忘れたと言って舌を出しています。このままでは教育上悪いなと本気で思っていました。あともう一つ、原発事故が起きた事によるクリーンなエネルギーに対する思いが高まり、何とかしないとなと悩んでいました。このような理由でうちも太陽光発電を始めたいと思い、家族会議をしました。旦那さんははじめ反対していましたが、しつこく説得してしぶしぶ納得してもらいました。国内製にするか海外製にするかとか、天候が悪い日でも発電をしてくれる効率の良いタイプにするかどうかとか、設置場所はどこにしようかとか・・いろいろ比較対象があって悩みましたが、熟考に熟考を重ねた上全員の多数決で決めました。設置場所は、一番日照時間の長い、駐車場の屋根にベタ置きする事にしました。そんなこんなで工事が終わりましたが、家族の電気に対する関心が格段に上がった事にひとりほくそ笑んでいます。子供達は毎日明日の天候が気になり、晴れだと発電出来ると喜ぶし、週間天気予報で晴れ続きだとますます喜んでいます。さらに子供達は発電量を毎日グラフにつけるようになり、電気の大切さを痛感したのか、電気の点けっぱなし冷蔵庫の開けっぱなしがなくなりました。旦那さんも今までのように無駄に冷房を強くすることも無くなり、適温にするよう心がけているようです。このようなこまめな節電プラス太陽光発電のおかげで、今月の電気代はかなり削減されており驚きました。それと同時に、家族のエネルギーに対する意識が変わった事が太陽光発電を導入した大きな成果でした。